cropped-cropped-1.jpg


バーティカルフルテーパードタング・テストナイフ/Vertical Full Tapered Tang・Test Knife

The knife is like a mirror.

It Projecting humans and this world.


カスタムナイフメーカー 内田 啓 .のホームページです。

Custom Knife maker Kei. Uchida’s website.


2018年2月11日(日)開催の銀座ブレードショーに参加させて頂きました。もの凄い熱気と熱意の大盛況となりました。ありがとうございました。

https://www.napi.ac/ginzaknife.htm


New

Edge on the Borderのコーナーを更新しました。


Edge on the Border

V F T T

■バーティカルフルテーパードタングとは

対象物に対し垂直方向にナイフ全体をテーパー加工し且つ同時にブレードベベルをも得るという構造である。完成したナイフは簡単に言うと斧の刃体にナイフハンドルを付けたようなイメージとなる。通常のフルテーパードタングの利点はそのままに活かし軽量で、ベベルストップ(立ち上がり)やリカッソなど応力が集中する箇所が無いため衝撃に強く、剛性に優れ柔軟で弾力性に富むタフなナイフにする事ができる。

■バーティカルフルテーパードタングのバリエーション

A.は通常のバーティカルフルテーパードタングの断面構造である。刃先からハンドルエンドまで対象物に垂直方向にテーパー加工され、それは同時にブレードベベルに接続される。ナイフ全体が一つの連続量(ボリューム)として把握され軽量で柔軟性に富む。ナイフの致命的な破壊につながるような力に対しそれを受け流す柳のようにしなやかに強度を保つという特徴がある。

B.はバーティカルフルテーパードタングに更に別のグラインドとブレードベベルが二段階(一段階でも可能)となる構造である。この場合はホローグラインド、フラットグラインド、コンベックスグラインドなど種々組み合わせが可能である。スカンジグラインドなどではより抜けの良いブレードベベルとなる。

C.はReverse Vertical Full Tapered Tang(リバース・バーティカルフルテーパードタング)という。通常と上下を逆に対象物に対し垂直方向にテーパーをとり、かつ別のグラインドでブレードベベルを得る=ダブルブレードとなる構造である。ファイティングナイフ、ブーツナイフ等に有効であろう。

※図像の薄いグレー部がストック(元の鋼材)、濃いグレー部がバーティカルフルテーパードタング加工された断面。黒の部分がブレードの断面である。

※当然この3種以外のグラインドもあり得るがベースはあくまでこの3種のグラインドとなる事だろう。

※図像はバーティカルフルテーパードタングの構造を解りやすく整理するため小刃など細かな部分は省略されている。

※熱処理されたストック(元の鋼材)そのままの状態を最大強度とするならばそれを削り出しナイフとしての性能を付加した上でなるべく最大強度に近づけるという考え方の構造です。チョッピングやバトニングにおいては熱処理されナイフとして加工された鋼材特性を超えるような力がかかれば当然壊れるという認識のもと自己判断のうえで適切に行って下さい。言うまでもなくハンドル部の破損も同様です。


バーティカルフルテーパードタングモデル・テストナイフ

刃長110mm/全長220mm/ストック3mm  ¥40,000(税別)

※TypeⅡ:/ストック4.5mm〜5mm ¥45,000(税別)

鋼材:ATS-34(推奨鋼材:CV134)

ハンドル材:マッカーサーエボニー

フィッティング:ニッケルシルバー

ブレード:フラットグラインド ミラー

■テストナイフのデザインコンセプト

アウトドアライフでより少ない装備でより多くの事を行う。必要なものはなるべく現場で調達し加工して使用する。「ブッシュクラフト」という言葉が近年拡張してきたと思われるアウトドアスタイルにはまさに最もナイフが得意とする万能性に基づく思想が根本にあると考えられる。実際は狩猟民や遊動民のバンドが古くから使用してきたであろうナイフ、用途が細分化される以前のナイフがそうであったように一本で何でもこなせるナイフ。具体的には火を起こす作業や休息を得る場所の確保をする際などに、あるいは食器類や生活用具の作成など、対樹木草木を主要な使用目的対象としているかどうかが重要なポイントとなってくる。フェザースティックの作成などの細かい作業からチョッピング、バトニングといったラフな使用まで想定されかつハンティングやフィッシングでの獲物の解体、調理にも適した万能性を持つこのナイフは「ブッシュクラフト」という言葉がそうであるように、より根源的な原点ともいうべきナイフの回帰という形で帰って来た新しいナイフである。身幅を広く取りバーティカルフルテーパードタング構造とする事で切れ味を損なう事なく強度を確保し同時にチョイルを設ける事で調理の際に使用するまな板での作業に対応する。またチョイルは研ぎやすさにも貢献する。フラットグラインドは言うまでもなく斧や鉈でもその食い込みの良さから好まれる場合もあり多く製造販売もされているグラインドでもある。刃先は通常より厚めに残し強度を確保するとともに、エッジ幅を広くとる事で刃の付け方で用途に応じる事が可能となっている。ブレードバックはバトニングしやすいように鋼材厚を残し平らとし先端に向け角度を設ける事で獲物や魚への差し込みを容易にしかつ細かな作業にも応じる形状となっている。リカーブしたブレードは対象物が逃げるのを防ぎ先端に向け大きな弧を描くR部は獲物のスキニングや解体も容易にする事だろう。更にこの軽量なナイフの特筆すべき点は対象物を手に持ち中空でナイフを操作するペティナイフ的な使い勝手が非常に良い事である。ヒルトレスではあるがチョイル部がブレードへの合図となり安全性が確保され、コンパクトなレザーシースにきっちり納める事ができる。ハンドルはグリップが良く効くコンベンショナルハンドルである。重量バランスは通常のハンティングナイフよりわずかにブレード寄りとなっており薮払いなどには有利だろう。「ブッシュクラフト」という言葉から拡張されたアウトドアライフが要求する条件を満たすナイフは互いに矛盾し合う用途と機能のバランスの最もとれた最適解を得て新しいデザインとなる。山に一本というならこのナイフである。このナイフをベース(レギュラー)とし同型で鋼材厚を4.5mm〜5mmとより厚手としたTypeⅡ。同一コンセプトで大型のミディアム、更にパワフルな仕様のヘビーデューティーと三種のバーティカルフルテーパードタング構造のブッシュクラフトモデルを制作中である。その他のコンセプトでは10種ほどのラインナップを計画している。この構造のナイフが過去に存在しないとは全く考えていない。ただこのナイフを制作した事で初めてナイフをデザインする事が出来たと実感する事ができた。足すデザインではなく引くデザイン・・・ナイフの用途と機能:ナイフの形態と構造:生産過程つまりストックアンドリムーバル(削り出し)という制作方法とが合致するデザインをする事が出来たと思う。かつてミケランジェロはこう云った「優れた彫刻は崖から落としても壊れる事はない」この言葉はロックでいう魂を現す言葉でもある。

価格:¥40,000(税別)オーダー受付中です。

※鋼材の厚みが4.5mm〜5mmとなるTypeⅡは、¥45,000(税別)となります。

このテストナイフは来る2月11日(日)に開催の「銀座ブレードショー」で展示されます。是非その眼で、手でお確かめ下さい。よろしくお願い致します。

https://www.napi.ac/ginzaknife.htm

※大盛況の銀座ブレードショーでは多くのお客様にご興味を持ってみて頂く事ができました。オーダーご希望の皆様方始めありがとうございました。(2月11日)

2018年1月26日   内田 啓.

Edge on the Border/記事はもう少し続きます。しばしお待ち下さい。


I will accept knife orders all the time. Feel free to contact me by email.


お問い合わせ Contact

Tel     090-9238-9136

email     r-koubou@cup.ocn.ne.jp

HP     http://kei-uchida-knife.raindrop.jp

 

Kei .  Uchida  / 内田 啓.